看護学類

学類長のあいさつ

長い歴史をもつ大阪府立大学で深く学び、日々成長し、看護の質向上に努力を惜しまない看護職を目指しましょう。

田中 京子 学類長

少子高齢化の進展による人口構造の多様化、医療技術の進歩、国民の医療に対する意識の変化など、日本の医療を取り巻く環境は変化してきています。
人々の保健・医療・介護ニーズは塔大し、多様化・複雑化している中で、看護職の果たす役割はますます重要になっています。

看護は対象となる人々を、どのような健康状態であっても、人生を生きる一人の個人として総合的に見ていきます。
つまり、「医療」の視点だけではなく、生きていく営みである「生活」の視点を持って、”人間”をみることに専門職としての価値をおいています。

私たち”人間”は、生物であり、心をもつ存在であり、社会の中で生活する存在でもあります。看護ではそのような人間の‘健康Jこついて考える時、「病気の状態」と「健康な状態」の2つに分けるのではなく、連続体であり常に変動する現象として健康を捉えます。

また、香護はアート(Art) であり実践の科学(Science) であるといわれています。看護を実践するには豊かな人間性と科学者としての目を持つことが求められます。看護の対象となる人との信頼関係を構築して、その人の生い立ちや生活環境など様々な背景に羞目しながら、健康回復や健康の保持・増進などに向けて最適のケアを提供できるように専門的な知識や技術を活用していきます。看護学類では、このように人間を多角的に捉え、人間の持つ痛みや苦しみに添いながら、科学的な専門知識・技術を基に健康上の問題解決に向けて行動できるようになるための学びを深めます。

また、緩和ケアや国際保健、災害支援看護など、看護を広く社会的視野からとらえる学びを展開していきます。高度医療に対応する能力や、地域の看護において自ら判断できる能力などを備え、さらに関連職種との密接な連携のもとで協働して看護を実践できる看護専門職者を育成しています。教師陣は、実践の経験豊かな先生方が多く、大学院博士前期課程・後期課程も併せ持っていることから、看護の実践知を横築していく上でも最適の学習澱境を備えています。健康に対して興味•関心のある方、人と関わることが好きな方、自分を活かして保健・医療の場で貢献したいと思われる方は、是非チャレンジしてみて下さい。