学生の声(看護学類)

飯山 遥

看護学類2年生

大阪府立大学に入学してからこの1年間、とても充実した学校生活を送れたと感じています。
入学したばかりの頃は慣れないことばかりで緊張していましたが、アドバイザーミーティングという先輩方や先生達とお話をする機会があり、その場でアドバイスをもらうことができて、とても良かったです。

勉強面においては、看護の基礎的な授業、そして特にこの大学でしか受けることができない講義や実習などを通して、看護に対する考えが深まり、広がったように思います。また、勉強だけではなくサークル活動やバイトにも精を出しました。中百舌鳥キャンパスのサークルに入っているので、他の学域の人たちと関わることで自分自身の価値観を広げ、成長させてくれる環境になっていると感じます。

さらに、羽曳野キャンパスの学園祭活動にも積極的に参加し、学生時代にしかできないことをたくさんすることで気持ちを切り替えながら充実した日々を過ごすことができました。

看護職について、今まではぼんやりとしたイメージしか持っていませんでしたが、この1年間で看護にたくさんの役割や働きがあり、できることは限りなくあるのだということを知り、少しずつですが理想像が作られてきています。2年生になると演習も増え、どんどん勉強が大変になっていくことに不安も感じますが、同じ目標を持つ周りの友人達と一緒なら頑張って乗り越えていけると思います。

これからも大学の勉強やサークル活動など様々なことを通して、人と触れ合い、人間性を育てていけるよう充実した生活を過ごしたいと考えています。

岡本 由紀子

看護学類2年次編入生

大阪府立大学に編入して1年がたち、日々の学びの中で新たな知識や発見を得ています。私は大学卒 業後、社会人を経験したのちに編入生として入学しました。卒業後から大分時間が経過していたので、私の経験した学生時代とはいろんな面で違いがあり戸惑う ことも多かったのですが、同じ編入生や講義で一緒になった学生、先輩方に教えてもらい、少しずつ学生生活に慣れることができました。

先生方からは 学問としての看護だけでなく、看護を学ぶ上での考え方や取り組み方も教えていただいています。授業でわからない点があるととてもわかりやすく教えて下さる し、「あなただったら患者さんにどうしますか?」と私自身の考えを聞かれ、それについて答えやヒントを下さる時もあります。学習環境は格段に便利になって いますが、学生が自主的に学ぶことはいつの時代でも同じだと感じました。

編入生は履修科目数が多く、その分課題やレポートの提出に追われるので自 己管理が大変です。とくに2年次科目はより専門的な講義が多いので、授業で理解しきれないことが多々あります。毎日授業についていくのが精一杯でしたが、 編入生同士で文献を探したり相談し合ったり、時には先輩に相談したりして、大変だけど充実した一年でした。
編入生の中には関西以外からの学生もいますし、年齢や経験も多彩なのでとても刺激を受けています。みんなで鍋パーティーをしたり試験後の打ち上げをしたりすることもあり、こうした楽しみを共有できることも貴重な経験だと思います。

そして、学外でも看護に触れるさまざまな機会があり、私は認知症サポーター養成講座の受講やふれあい病院探検隊のボランティアに参加しました。看護と環境、社会がどうかかわっているのかを実際の場面で感じることができました。
病院実習で患者さんから頂いた「看護の勉強だけでなく患者のこともたくさん勉強してよい看護師になってください」という言葉を励みに、看護師という目標にむかって努力していきたいと思います。

熊谷 香那

看護学類3年生

大阪府立大学に入学してから2年が経ち、私はこの学校で多くのことを学んでいます。
1年生の頃は、「晴れて大学生!」と大学の生活を満喫すると共に「看護」についてたくさんの知識を吸収することで、楽しみと厳しさを実感しました。そして2年生になり、1年生で吸収した知識に加え、より専門的になる講義を受けることで看護師としての責任の重さを実感しました。

看護技術の実技の演習では看護師の仕事に触れることで、「理解する」と「実際にできる」の違いに難しさも覚えました。「学び」というものは講義を聞いて終わるものではなく、自分の中の知識と関連付けて、実践に結びつけることが大切であると感じた1年でもあります。

様々な講義を受けることでだんだんと、看護師や保健師、助産師などの仕事や役割、他職種との連携などについてより明確にイメージすることができるようになりました。その中で、どんな看護職に就きたいか、看護職として自分がどのような仕事をしたいかを具体的に考えることによって、目標をもって学習することができています。

これからたくさんの実習によって、多くの経験を積み、知識を身につけていきます。それらの経験から、知識と技術だけでなく人との関わりや様々な視点を吸収し、理想とする看護職者像に近づけるよう努力していこうと思います。

音村 有美

看護学部4年生

「患者さんに寄り添い、患者さんを笑顔にできる看護師になりたい。」その一心で大阪府立大学に入学した日から、あっと言う間に3年が過ぎました。私は、看護職者にとって感性とユーモアが何よりの武器になると考えています。そのためにもたくさんの場に参加し、実際にいろいろなことを経験することが大切だと考え、1年生の頃からボランティア活動に参加したり、旅行に行ったりと、たくさんの場に足を運びました。

1・2年生は講義ばかりで看護職に就くことに、正直少し遠い気持ちでいましたが、3年生から実習が本格的に始まり、やっと看護職に就くことに実感が湧いてきました。実習では「もっと患者さんのために。」という強い思いがあってもなかなか思うようにいかないことも多く、悔しい思いをすることもありますが、その悔しさをバネに頑張ってきました。

そして、何よりしんどいことや辛いことを共に乗り越えてきている“ 仲間の存在” が大きく、私自身、多くの人に支えられてきました。学生は複数のグループに分かれ、それぞれ違う領域の実習をこなしていますが、情報交換を行うなど協力し、お互いに励まし合って頑張ることができていることは、大きな力になっていると感じています。

実習も終盤に入ってきていますが、私はこの3年間“ 初心の気持ち”を心に留め過ごしてきました。講義や実習、先輩看護師の体験談を聴くなかで、自分の目指す看護師像が少しずつ形成されていきます。しかし、私は看護職を目指そうと思った時の気持ちが、一番純粋で、だからこそ大切な思いだと感じました。

4年生からは、看護師・助産師・保健師・養護教諭とそれぞれの道へ進んでいくことになりますが、努力を惜しまず、そして共に励まし合い、支え合っていきたいと思っています。