看護学類の教育

1 看護学類 教育目的・教育目標

教育目的

生命の尊重と個人の尊厳を基盤とし、豊かな人間性を形成するとともに、科学的専門知識・技術を教授し、看護を総合的な視野で捉えられる人材を育成する。

教育目標

教育目的をふまえた教育実践により、卒業時には次のような能力を有し、看護師、保健師、助産師として広く社会に貢献できる人材を育成する。

  1. 人間の痛み、苦しみを分かち合え、幅広い教養を身に付け、生命の尊厳について深く理解し、行動できる豊かな人間性を養う。
  2. 看護に必要な知識と技術を習得し、科学的根拠に基づく適切な判断と問題解決能力とあわせ、社会の変化や医療技術の発展に対応できる能力を養う。
  3. 保健・医療・福祉、教育、地域においてヒューマンサービスを提供する人々と連携し、看護の実践と調整的な機能を果たす能力を養う。
  4. 変化する社会の中で看護の役割を展望し発展させ、地域的・国際的な視野で貢献できる能力を養う。
  5. 看護学への関心を深め、総合的な視野と看護研究の基礎能力を養う。

2 入試情報

入学試験には、推薦入試と一般入試(前期日程・後期日程)および編入学試験があります。それぞれの入試の募集人員、出願資格、試験日と内容、選抜方法は学生募集要項で確認してください。

一般入試(前期日程・後期日程)は、大学入試センター試験を受験する必要があります。

3 学生の受入方針 (アドミッションポリシー)

少子化、高齢化、国際化など社会構造の変化と国民のニーズの多様化、医療の高度化、専門化を背景に、わが国の看護・医療は大きく変わりつつありま す。その中で看護職の占める役割はますます重要になってきています。

看護学類では生命の尊重と個人の尊厳を基盤とし豊かな人間性を形成するとともに、看護 の専門的知識・技術をもって社会ニーズに応えて、幅広い分野で活躍できる看護専門職者を育成し、人々の健康の維持・増進に寄与するとともに国際社会に貢献 できる人材の育成を目指しています。
したがって、看護学類では次のような学生を求めています。

  1. 人間の喜び、苦しみ、痛みを分かち合え、生命の尊厳について理解しようとする姿勢をもった人
  2. 幅広い学問分野に支えられた専門的な看護に必要な知識・技術を主体的、積極的に修得できる高い基礎学力をもった人
  3. 保健・医療・福祉などの場において他のヒューマンサービスを提供する人々と連携することのできる柔軟性を有し、リーダーシップのとれる人

以上に基づき、看護学類の教育理念・目的にふさわしい学生を受け入れるため、次の1~3の能力や適性を持つ学生を選抜します。

  1. 高等学校における教科科目を文理ともに広く学習し、高い基礎学力を有していること
  2. 対人支援のコミュニケーションのための基礎となる国語能力を有していること
  3. 英文を読んで理解し、英文で表現するための基礎的な能力を有していること

4 看護学類 学位授与方針(ディプロマポリシー)

  1. 人間の痛み、苦しみを分かち合え、幅広い教養を身につけ、生命の尊厳について深く理解し、行動できる豊かな人間性が形成されている。
  2. 看護に必要な知識と技術を修得し、科学的根拠に基づく適切な判断と問題解決能力とあわせ、社会の変化や医療技術の発展に対応できる能力を修得している。
  3. 保健・医療・福祉・教育・地域においてヒューマンサービスを提供する人々と連携し、看護の実践と調整的な機能を果たす能力と看護研究の基礎能力を修得している。
  4. 変化する社会の中で看護の役割を展望し、発展させ、地域的・国際的な視野で貢献できる能力を修得している。

5 看護学類のカリキュラムポリシー

看護職として必要な豊かな人間性と倫理観を育成し、看護学を学ぶために必要な基盤的知識を獲得できるよう系統性を重視して、共通教育科目、専門基礎科目を1~2年次に集中配当するとともに、能動的な学修の充実を図るために実習科目や学域共通科目も含む専門科目、自由選択科目、資格科目で構成された教育課程に基づき、所要単位を修得することを卒業要件とする。

また、すべての学生が看護師の国家試験受験資格を得られる教育内容を基本的構成とし、選択により保健師又は助産師の受験資格も得られ、養護教諭免許状や受胎調節実地指導員の認定資格の取得にも配慮した教育課程を編成する。

  1. 幅広い教養を身につけ、行動できる豊かな人間性を養うため、共通教育科目(導入科目では他学類生とともに学ぶ初年次ゼミナール、教養科目では人文社会科学系、自然科学・複合領域系、教養展開の各科目、基盤科目では健康・スポーツ科学、外国語、情報基礎の各科目)を1~2年次に配当する。
  2. 看護に必要な知識と技術を修得し、適切な判断と問題解決能力や社会の変化や医療技術の発展に対応できる能力を育成するため、「解剖生理学」、「疫学」、「保健統計学」をはじめとした専門基礎科目や、「基礎看護学」、「療養支援看護学」、「生活支援看護学」、「家族支援看護学」、「看護の統合と実践」の各領域で構成された専門科目を提供する。
  3. 多職種と連携しつつ、多面的に看護の実践と調整的な機能を果たす能力を育成するため、専門基礎における医療・保健基礎科目では、「医療と社会福祉学」「カウンセリング論」等を提供する。専門科目では、学類の枠を越えた科目選択を可能とした学域共通科目を設け、4科目を必須科目として配当するとともに、「基礎看護学」、「療養支援看護学」、「生活支援看護学」、「家族支援看護学」の各領域で構成された専門科目や「総合実習」を提供する。また、看護研究の基礎能力を育成するため、「研究方法論」、「総合研究」を必修科目として提供する。
  4. 看護の役割を発展させ、地域的・国際的な視野で貢献できる能力を育成するため、共通教育科目(基盤科目である外国語、情報基礎の各科目)を、専門基礎科目である「疫学」、「保健統計学」等を必修科目として提供する。専門科目では、「看護管理学」、「看護教育学」、「総合実習」等を必修科目として、「国際保健」、「災害支援看護論」を選択科目として提供する。