博士後期課程の教育

基盤・専門教育

基盤教育

看護学研究方法論

量的・質的研究の批判的吟味(クリティーク)の方法を学び、看護現象をより妥当性の高いアプローチを用いて探究し、研究デザインならびに研究方法を開発できる高度な研究能力を養う。

看護理論開発方法論

看護現象に関する理論開発の演繹的な方法である概念分析や関係性の記述文の分析・統合について理解し、研究の基盤となる理論構築の能力を養う。

博士後期課程定員

課程 博士後期課程
入学定員 5名

博士後期課程の教育目的・目標

教育目的

豊かな学識を有し、看護学分野において学術研究を推進しその深奥を究め、高い倫理観をもって自立して研究活動を行うことができる能力を有する人材を育成する。

教育目標

  1. 看護実践の改革を目指し、専門性の高い看護ケアを開発する。
  2. 理論や看護援助方法の妥当性を科学的に検証する。
  3. 優れた看護実践、関連領域の知識・研  究を用いて、高い倫理観をもって研究活動を行い、看護学の発展に寄与する。
  4. 教育、医療、研究、行政関連機関において、社会の変革に対応できる指導的・管理的リーダーシップを発揮する。
  5. 都道府県や国家レベルの政策開発や意思決定に参画する。
  6. 学際的、国際的な視野に立ち、学術交流、研究活動、保健医療活動に貢献する。

博士後期課程 学位授与方針(ディプロマポリシー)

  1. 看護実践を改革し、専門性の高い看護ケアを開発できる能力を修得している。
  2. 理論や専門援助方法の妥当性を科学的に検証できる能力を修得している。
  3. 優れた看護実践、関連領域の知識・研究を用いて、高い倫理観をもって研究活動を行い、看護学の発展に寄与できる能力を修得している。
  4. 教育・医療・研究・行政関連機関において、社会の変革に対応できる指導的・管理的リーダーシップを発揮できる能力を修得している。
  5. 都道府県や国家レベルの政策開発や意思決定に参画できる能力を修得している。
  6. 学際的、国際的視野に立ち、学術交流、研究活動、保健医療活動に貢献できる能力を修得している。

教育課程編成実施方針(カリキュラムポリシー)

専門領域を生活支援看護学・療養支援看護学の2領域とし、生活支援看護学領域には6分野、療養支援看護学領域には4分野を設け、共通教育、基盤教育、専門教育で構成された教育課程を編成する。
1年次には「看護学研究方法論」、専攻分野の「特論」、「演習」を、2年次から3年次前期には専攻領域の「特別研究」を配当し、学際的視野を持ち、自立して研究活動が行えることを目標に、論文指導を行い、博士論文の審査を経て最終試験の合格を修了要件とする。

  1. 看護実践を改革し、専門性の高い看護ケアを開発できる能力を育成するため、1年次前期は基盤教育において「看護学研究方法論」を必修科目、専門教育で専攻分野の「特論」、1年次後期には専門教育で「演習」を各々配当する。
    2年次前期から3年次前期に専門教育で専攻領域の「特別研究」を配当し、2年次前期での研究計画書の審査を経て、3年次後期に博士論文審査委員会による最終審査を行う。
  2. 理論や専門援助方法の妥当性を科学的に検証できる能力を育成するため、専門教育として、1年次前期は専攻分野の「特論」、1年次後期には「演習」を、2年次前期から3年次前期には専攻領域の「特別研究」を配当する。
    2年次前期での研究計画書の審査、論文作成に必要なデータ収集・分析への指導助言を経て、3年次後期に博士論文審査委員会による最終審査を行う。
  3. 高い倫理観をもって研究活動を行い看護学の発展に寄与できる能力を育成するため、1年次前期に、共通教育として「研究公正」を必修科目とし、基盤教育において「看護学研究方法論」を必修科目、1年次後期に「看護学研究方法論演習」を選択科目として配当する。
    2年次前期から3年次前期には専門教育として専攻領域の「特別研究」を配当し、2年次前期での研究計画書の審査を経て、3年次後期に博士論文審査委員会による最終審査を行う。
  4. 社会の変革に対応したリーダーシップを発揮できる能力を育成するため、1年次前期は基盤教育で「看護学研究方法論」を必修科目、専門教育で専攻分野の「特論」、1年次後期には「演習」、2年次前期から3年次前期には専門教育で専攻領域の「特別研究」を配当し、指導的・管理的リーダーシップの資質を養う。
  5. 都道府県や国家レベルの政策開発や意思決定に参画できる能力を育成するため、専門教育では1年次前期に専攻分野の「特論」、1年次後期には「演習」、2年次前期から3年次前期には専攻領域の「特別研究」を配当し、専攻分野における行政課題の理解を深める。
  6. 学際的、国際的視野に立ち、学術交流、研究活動、保健医療活動に貢献できる能力を育成するため、専門教育では1年次前期に専攻分野の「特論」、1年次後期には「演習」、2年次前期から3年次前期には専攻領域の「特別研究」を配当し、国内外の研究に精通する。