メッセージ(看護学研究科)

前期課程 修了生の声

鈴木亜衣美
大学院博士前期課程 人・環境支援看護学領域 看護教育学分野

私は臨床で、新人看護師の教育担当として指導的役割を担っていました。しかしそれは常に手探りで、どのように指導すべきか?新人看護師が一人前になるために求められるものは何か?など、多くの悩みを抱えていました。そのため、臨床で得た問いについてしっかりと考えたいという思いで、前期課程に入学しました。
講義は学生が主体となり、与えられたテーマに関する多くの文献を読み、プレゼンテーションとディスカッションを行うことが求められました。入学当初は、理論・実践・研究・教育を結びつけて考えること、またそれを理解したうえで他者に伝えることの難しさと闘う毎日でした。しかし、様々な経歴をもつ多分野の同級生とのディスカッションで自分の視野が広がり、先生方から助言をいただく中で知的好奇心が刺激され、看護を学問として捉えることの重要性を感じるようになりました。
特に研究については、修士論文作成までの段階をひとつひとつ丁寧に学び進めることができました。それは私が臨床で得た問いについて考える機会だっただけでなく、新たな問いの発見にも繋がり、また研究を積み重ねていく必要性を実感する経験でもありました。この学びを活かして、現在、私は本学の博士後期課程に進学し、研究課題に継続して向き合っています。
私にとって本学での出会いと学びが、研究者としての一歩を踏み出すきっかけとなりました。臨床での新人教育に少しでも役立つ研究ができるよう、今後も学び続けたいと思っています。

須永由華
大学院博士前期課程 家族支援看護学領域 母性看護学分野

私は、今まで助産師として産科やNICUに勤務し、海外の母子保健活動に携わりました。特に海外での活動では、実践している看護について議論をする機会が多くありましたが、自分の看護の根拠が曖昧であるために、周囲に自分の看護について伝えることが困難でした。様々な困難を抱える母子によりよい看護を提供するためには、看護の根拠を突き詰め、実践を言語化する能力向上の必要性を感じ、大学院への進学を決意しました。
大学院は、テーマに沿って文献を調べ、解釈し、プレゼンテーションをするという授業形態です。多くの文献を読み、テーマを追求していくことで、今まで経験や感覚で実践していた看護に意味づけをすることができ、看護の根拠について考える機会を得ました。様々な経験を積んでいる他分野の同級生や同分野の先輩・後輩とのディスカッションはとても刺激的で、自分の看護観や倫理観を見直し、視野を広げる貴重な経験となりました。また、研究のプロセスを学べたことは大きな財産です。想像以上に大変でしたが、疑問を持つ力、論理的思考、言語化する力の基礎を養うことができ研究の面白さを実感しました。
現在は、大学病院内の院内助産施設に勤務しています。大学院で学んだ文献クリティーク、分析能力、言語化する力を活かして事例検討を行い、同僚と意見交換をしながらより良い看護を模索しています。また、業務改善として助産施設の対象者基準の見直しを行う際にも、文献やガイドライン、SWOT分析を有効に活用することができており、大学院での学びが活かせていると実感しています。今後は、大学院での学びを発展させながら、根拠に基づく看護を追求できる助産師として実践に研究に励んでいきたいと思います。

唐澤里子
生活支援看護学領域 地域看護学分野

私は2011年3月に大阪府立大学看護学部を卒業し、同年4月に大学院に入学しました。大学院を志望した動機は、保健師活動を実践していくうえで地域が抱える健康課題を見出し、支援方法を考える保健師の技術や分析方法をより専門的に学びたいと考えたためです。

大 学院では、学生が主体となって授業が進んでいきます。授業の準備には多くの時間を要しますが、多様な経歴をもつ同級生と議論する機会や、多くの 文献を読み重ねることで、看護学に関する幅広い分野の知識を深め理解することにつながりました。さらに、修士論文の作成にあたっては、先生方にご指導いた だきながら研究計画書の作成から調査、分析等の一連の流れを通し、研究の難しさを知るとともに、1つの研究課題を追求していく面白さを実感しました。調査 は育児中の母親を対象とした子育て支援の場で行いました。大学院を修了できたのも先生方をはじめ、多くの方々の支えがあったからこそだと思い感謝していま す。

現在は、京都市で保健師をしています。忙しい業務のなかでも常に問題意識をもち、地域住民にとってよりよい支援を行いたいという思い を大切に活動 しています。今後も、大学院で培った地域をみる視点や分析能力を対象者への支援や業務改善につなげることを目標に保健師活動を展開していきたいと考えてい ます。

德谷理恵
療養支援看護学領域 がん看護学分野 CNSコース

大学院では、入学以前に自分が漠然と捉えていたがん看護について、学んだ理論や概念をもとに同級生や先生方と多くの時間をかけてディスカッションを重ねる中で自らの考えを整理することの難しさと患者の理解を深めることの楽しさを学びました。

また、他大学、他職種の大学院生と共に学ぶ機会も多くあり、互いの役割を尊重しながら、看護師として患者と家族をどのように捉え、どのようなケアが必要か根拠を示し伝えていくことの大切さを学びました。これは院内のチーム医療における自らの活動の基盤となっています。

現在私は、病棟や緩和ケアチーム・緩和ケア外来等で活動しています。ケアをする際には、コンサルティやチームスタッフとカンファレンスを行いながら、患者と家族を全人的に捉えられるように、様々な情報や多職種の考えをつなぐ役割を担うことを心がけています。

ま た、大学院での講義やプレゼンテーションなどでの学びを活かしながら、地域の病院における緩和ケア研修の講義や企画運営も行っています。地域に 戻られた患者に適切な緩和ケアが実践できるように、看護師の知識の習得をサポートすると共に、緩和ケアに関する地域との連携体制構築の役割を担うことも目 指しています。

看護研究においては大学院で学んだ研究の基礎を活かし、計画書の作成から学会発表まで、一つ一つの過程を大切にし、自分達が疑問に思ったことや看護実践を言語化することの大切さと楽しさを伝えながら一緒に取り組んでいます。

>過去の声を見る

後期課程 修了生の声

今戸美奈子
療養支援看護学領域 慢性療養看護学分野

私にとって博士後期課程で過ごした時間は、自らのテーマを徹底的に納得いくまで自由に探究していくことができる、とても刺激的で充実したものでした。博士前期課程(CNSコース)で高度看護実践や研究に取り組む中で、どうすれば看護実践の効果をより明確に示すことができるのかと考え続けた結果、まずは研究能力をしっかり身につけようと博士後期課程へと続けて進学しました。後期課程でのコースワークや研究活動は、難題との格闘の連続でしたが、様々なキャリアを持つ先生方からその都度、絶妙な示唆やサポートをいただくことができ、自分自身であらゆる資源を駆使して難題に立ち向かう力が鍛えられ、目標を達成していくことができたと感じています。また、同じく後期課程に入学した仲間もとても魅力的な人ばかりで、共同でプレゼンテーションする機会などを通して、多くのことを学ばせてもらいました。実際の生活は、研究に専念するため、ほぼ常勤の仕事はせずに過ごしました。経済的には、大阪府立大学大学院や外部機関の研究資金を獲得し、看護学研究科でティーチングアシスタントの仕事を得るなどして、大きな不安はなく学生に専念できたので、これはとても恵まれていたと思います。
博士後期課程で一つの研究が生み出されていく過程の労力を体験して初めて、文献がもつ重みや研究を通して広がる人とのつながりなど、多くのことを実感しました。現在は、その研究で得たつながりを生かして、臨床で慢性疾患看護専門看護師として実践と研究に取り組み始めたところです。実践と研究を融合し、専門性の高い看護の実践者であり、看護ケアの開発や評価を社会に発信できる研究者であることを目指しています。

河野あゆみ
生活支援看護学領域 地域・精神看護学分野

し創造することでした。その過程は、自身の弱さと向き合うことであり、研究者として自立するための困難で豊かな道のりでした。
精神疾患患者さんの社会復帰に役立つ研究がしたいという単純な動機で研究者を志した私にとって、大学院で求められる高度な研究デザインを組み立てることは難解であり、挫けそうになることもありました。けれども今考えるとそれは、どこにおいても認められる研究を組み立て創造するために必要な工程だったのだと思います。またそのような研究に取り組み、その成果を発信することが、精神疾患患者さんの社会復帰に繋がるのだということを実感しました。
大学院の授業で特に印象深かったのは、既存文献のクリティークによって研究方法の開発を学ぶ看護学研究方法論や、概念分析に取り組むことで理論構築について学ぶ看護理論開発方法論でした。これらの過程で文献を調査してまとめ仲間とディスカッションしたこと、プレゼンテーションによって先生方からアドバイスをいただいたことは、とても大きな力になりました。
先生方の時に厳しく温かいご助言は、私に自ら考えるきっかけを与えて下さるものでした。また専門を超えて私の研究に適した指導体制を組んで下さったことは、とてもありがたく、これまでの自分に不足していた科学的思考を培うことに繋がりました。
今後はここで学んだことを糧に、精神疾患患者さんの社会復帰に役立つ研究を追求し、それを担える後輩を教育できる研究者となることを目指します。

>過去の修了生の声を見る