教育目的

生命の尊重と個人の尊厳を基盤とし、豊かな人間性を形成するとともに、科学的専門知識・技術を教授し、看護を総合的な視野で捉えられる人材を育成する。

mokuteki

教育目標

  • 人間の痛み、苦しみを分かち合え、幅広い教養を身につけ、生命の尊厳について深く理解し、行動できる豊かな人間性を養う。
  • 看護に必要な知識と技術を修得し、科学的根拠に基づく適切な判断と問題解決能力とあわせ、社会の変化や医療技術の発展に対応できる能力を養う。
  • 保健・医療・福祉・教育・地域においてヒューマンサービスを提供する人々と連携し、看護の実践と調整的な機能を果たす能力を養う。
  • 変化する社会の中で看護の役割を展望し、発展させ、地域的・国際的な視野で貢献できる能力を養う。
  • 看護学への関心を深め、総合的な視野と看護研究の基礎能力を養う。

入試情報

入学試験には、推薦入試と一般入試(前期日程・後期日程)および編入学試験があります。それぞれの入試の募集人員、出願資格、試験日と内容、選抜方法は学生募集要項で確認してください。

一般入試(前期日程・後期日程)は、大学入試センター試験を受験する必要があります。

写真

学生の受入方針 (アドミッションポリシー)

少子化、高齢化、国際化など社会構造の変化と国民のニーズの多様化、医療の高度化、専門化を背景に、わが国の看護・医療は大きく変わりつつありま す。その中で看護職の占める役割はますます重要になってきています。看護学類では生命の尊重と個人の尊厳を基盤とし豊かな人間性を形成するとともに、看護 の専門的知識・技術をもって社会ニーズに応えて、幅広い分野で活躍できる看護専門職者を育成し、人々の健康の維持・増進に寄与するとともに国際社会に貢献 できる人材の育成を目指しています。したがって、看護学類では次のような学生を求めています。

  1. 人間の喜び、苦しみ、痛みを分かち合え、生命の尊厳について理解しようとする姿勢をもった人
  2. 幅広い学問分野に支えられた専門的な看護に必要な知識・技術を主体的、積極的に修得できる高い基礎学力をもった人
  3. 保健・医療・福祉などの場において他のヒューマンサービスを提供する人々と連携することのできる柔軟性を有し、リーダーシップのとれる人

以上に基づき、看護学類の教育理念・目的にふさわしい学生を受け入れるため、次の1~3の能力や適性を持つ学生を選抜します。

  1. 高等学校における教科科目を文理ともに広く学習し、高い基礎学力を有していること
  2. 他者理解とコミュニケーションの基礎となる国語能力を有していること
  3. 英文を読んで理解し、英文で表現するための基礎的な能力を有していること

看穫学類の学位授与方針(ディプロマポリシー)

  • 人間の痛み、苦しみを分かち合え、幅広い教養を身につけ、生命の尊厳について深く理解し、行動できる豊かな人間性が形成されている。
  • 看護に必要な知識と技術を修得し、科学的根拠に基づく適切な判断と問題解決能力とあわせ、社会の変化や医療技術の発展に対応できる能力を修得している。
  • 保健・医療・福祉・教育・地域においてヒューマンサービスを提供する人々と連携し、看護の実践と調整的な機能を果たす能力と看護研究の基礎能力を修得している。
  • 変化する社会の中で看護の役割を展望し、発展させ、地域的・国際的な視野で貢献できる能力を修得している。