基礎看護学領域

基礎看護学領域

基礎看護学領域は学類教育においては、1年次に看護学概論、基礎看護学実習Ⅰ、公衆衛生学、基礎看護技術学Ⅰ、2年次に看護過程展開論、疫学、基礎看護技術学Ⅱ、Ⅲ、基礎看護学実習Ⅱ、3年次には保健統計学、4年次には総合実習、看護管理学、看護教育学と必要となる看護師の基盤的知識の獲得をめざす科目を担当しています。
看護学研究科においては、看護技術学、看護情報学、看護教育学、看護管理学と4つの分野でそれぞれ看護における特色ある学びの機会を提供しています。

看護技術学分野

看護師が患者/対象者に、目的意識をもって心を込めて、専門知識を活用して、技(わざ)を実施するものが看護技術です。
授業は講義と演習から成り立ちます。
担当教員は、学生の皆さんが看護技術を修得できるよう、日々教育方法の工夫を行っています。
特に実習室での演習は貴重な学習機会ととらえ、演習前には教員間で指導方法や内容の打ち合わせを実施して指導の充実を図っています。

看護情報学分野

近年、電子カルテなどの医療情報システムの普及に加えて、保健医療情報連携のためのICTの活用など、保健医療分野において急速に情報化が推進されています。
保健医療分野の急速な情報化に対応するための教育とともに、看護情報学分野の研究を行っています。
看護情報学分野の学類教育および研究活動については、看護情報学分野のwebサイト(http://www.nursing.osakafu-u.ac.jp/nursinginformatics/)もご覧ください。

看護管理学分野

看護を学ぶ上で、患者さんのことを専門的に知ることはもちろん大事ですが、いっしょに仕事をする仲間との関係や働く場や条件についてよく知ることもとても大事なことです。
看護管理とは、患者に最適な看護サービスが提供できるよう、ヒト、モノ、カネ、情報といった資源を効果的に活用することを言います。
本学では4年後期に必修科目として看護管理学を開講しています。

看護教育学分野

看護教育学分野は、看護教育に関連することについて研究的に取り組む学問領域です。
総合研究では、学生の経験や関心を尊重したテーマを通じて看護研究方法を学びながら、これからの看護教育についても考えていきます。
卒業生が取り組んできた主な内容は、看護学実習に関すること、新人看護職者の教育に関すること、海外の看護教育に関することなどです。